おせち料理2018 人気 口コミ

MENU

もう一度食べたい幻の味

初めて、横浜の中華街に行った時の話です。あの時は、初めての中華街で道に迷いお腹がぺこぺこだったのを覚えています。とにかく、お腹が空いていたので近くのち中華飯店に入りご飯の上に豚肉の角煮と青梗菜ののった丼を頼みました。

 

商品名は覚えていないのですが味だけは今だに忘れられないです。豚肉がはしてちぎれる程に柔らかく噛めば肉汁が口いっぱいに広がります。味は少し濃いと感じましたが白いご飯と食べると絶妙のバランスでご飯の味を引き立てます。

 

そして、少し口の中が油っこく感じたとき、添えられたー茹でた青梗菜を食べるとさっぱりして、また角煮が食べたくなります。そして角煮を食べご飯をかき込むことに夢中になったのを覚えています。また、

 

 

角煮のタレがかかったご飯が美味しいので本当に無我夢中で食べた


ことを覚えています。そして食べ終わった後は、あまりの美味しさに少し呆然としていたことを覚えています。さて、何故ここが幻の味かといえば不思議なことにこの店の場所をおぼえていないからです。もう一度食べたい味です。