おせち料理2018 人気 口コミ

MENU

12月に予約終了した匠本舗のおせち料理

昨年よりも取扱う少数を増やして販売していた匠本舗ですがおせち販売実績では人気のネット通販だけあって12月11日時点では24商品中22商品が完売。その後追加の再販売が行われている商品もあり12月15日現在で残り4商品です。

 

 

12月15日現在では8.5寸三段重「宝寿千」、8.5寸三段重「新玉の息吹」、6.5寸三段重「匠」、長方形二段重「舞千」の4商品はまだ間に合います。


その内、8.5寸三段重「新玉の息吹」、6.5寸三段重「匠」、長方形二段重「舞千」は追加で再販売している商品で「舞千」は11月に一度完売しており「新玉の息吹」と「匠」は12月11日に一度完売しています。

 

瀬戸内海のサザエ味付がおすすめの匠本舗最安値のオリジナルおせち「豊楽」は23品目詰め込まれた和洋折衷の二段重おせちです。鮭とイクラの塩麹和えがお勧めの北新地の日本料理店「竹」が監修した「華月」は48品目の和洋折衷の長方形二段重。

 

東京・銀座「朔月」監修の三段重和洋折衷おせち「飛翔」は37品目で飽きのこないメニューが盛だくさん。京懐石の三段重おせち「慶和」は祇園料亭「や満文」が監修したおせちです。

 

洛北の懐石おせち「和味」は川床料理店の超老舗「ふじや」監修のおせちで目でも愉しめます。同じく目でも愉しめるおせちといえば宇治を代表する京料理店「萬」が監修した66品目五段重おせちの「萬華鏡」です。

 

函館の有名ホテル「花びし」監修の三段重おせち「絢華」は色彩華やかで美味しい洋風料理と伝統的な和食料理がコラボした和洋折衷のおせちです。港町にあるホテルらしく海の幸を使用した料理が特におすすめ。

 

最後に品評会で最も味の評価が高かったのが東京・赤坂にある「あじさい」が監修した四段重おせち「彩」です。洋風の創作料理は目でも愉しめて和食料理を更に引き立たせています。味、見た目ともに最高の匠本舗イチオシのおせちです。